nudge

人が自発的になる

nudgeの企画開発

Based on arts and science

nudge(ナッジ)の意味は”小突く”。人が日常生活、仕事を負担感少なく営みつづける小さな刺激。人間、禁止されたり、注意されても、悪いとわかりながらやり続けてしまうことがある。そのような行動・思考を減らしていく際に極めて効果的な道具がnudge。ランニングコストがほぼかからず運用を続けることができる。

通常の習慣形成のような、28日間、新たな小さな行動•思考を28日間程度つづけ、脳の神経細胞の新たなネットワークを形成する訓練をする必要がない。

行動経済学、そのもとにある行動科学の実験結果、理論にもとづいて創られている。脳科学、神経科学の実験結果も類似している。芸術の領域ではアフォーダンスともよばれることがある。

人が何かをはじめ、つづけるには刺激が必要になる。何かをはじめる刺激が”誘発刺激”、何かを続ける刺激が”強化刺激”。nudgeを創る際にこの誘発刺激と強化刺激を適切に発生させる設計を行っていきます。

誰にも言われていないが続けてしまう
強制せずとも行動は変わる

ありとあらゆる手を打ってきた。それでも望む状態にならない場合、nudgeの開発は極めて有効。

お問い合わせはこちらへ