smart creative management

人間の行動原理と原則にもとづいた

創造型リーダーの
科学的な育成

需要創造の技術 スマートクリエイティブマネジメント®
創造力のセルフマネジメント® は弊社の登録商標

需要創造の芸術と科学

Based on arts and science

今までと同じやり方で仕事を回す。当然、需要は減少し無くなる。減少する需要を競合と奪い合う。価格競争に陥り、利益が出なくなる。借入を増やす。いずれは返済時期がやってくる。目の前の問題に対処することは必要です。目の前の火は消さないと生きてはいけない。しかし、このままではいずれ既存需要は枯渇する。売上金額と粗利金額は確実に減り続ける。解くべき課題は新たな需要の創造。具体的な課題と解決策を創造し、現金を獲得する具体的なやり方を変えていく。この課題を解決しやすくするために、はじめやすく、続けやすくするために、22年をかけ脳科学、認知科学、行動科学に基づき研究開発された需要創造の科学技術がスマートクリエイティブマネジメント®創造力のセルフマネジメント®。

創造型リーダーになる
まず試してみる
イノベーションの前提条件
コーチング領域を広げる
想像力を高める
他責が自責になる
創造型人材の内製化
自発で考え動く
常識は効率化の手段
売上金額をつくる
チームの創造力を高める
創造力をより高める
営業の創造力を高める
リード・見込客を増やす
自ら創造力を高める
環境変化時に経済力が上がる
オンラインの想像力を高める
【注目】人に気づきを与える

プロダクトの詳細一覧はこちら


機械化・自動化が進めば進むほど、人間には想像力が必要になる。機械化・自動化が進む。機械をリモート監視する技術も上がり、不具合が発生する前に、不具合が起こる確率が高いモジュールを取り換える。機械を取り扱うベテランの勘(経験値)に頼る必要性が減っていく。繰り返しできる、パターン化できる仕事は、機械化・自動化されていく。オペレーターも機械に置き換わっていく。

人間関係の構築と維持にも機械化・自動化が進み、効率化され生産性が上がっていく。この効率化は戻ることはない。人間の役割が変わっていく。人間は何をしていくのか。人間が生きている限り、問題は発生する。機械化・自動化で便利になるが、問題は必ず発生する。その問題の当事者は問題が何かに気づかないことが圧倒的に多い。相手が言葉にしていることは、解くべき問題では無いケースが圧倒的に多い。そのため、相手の視点を想像する必要が出てくる。この想像が価値になる。想像したものを相手に伝えることで、相手が解くべき問題に気がついて行く。解き方が商品になる。

繰り返し可能、パターン化可能なことは、機械化され効率化され生産性が上がる。しかし、新たに発生する問題の特定とその解決は、機械化が難しい。想像力が必要になる。創造力も必要になる。想像力と創造力のつくり方を体系的に学習している人は極一部。この状況を変えていく手段が組織を対象にしたスマートクリエイティブマネジメント®と個人を対象にした創造力のセルフマネジメント®。

需要創造の科学技術 スマートクリエイティブマネジメント®
創造力のセルフマネジメント® は弊社の登録商標

お問合せはこちらのフォームからお願い致します

創造力は誰でも再現できる技術

大手から中小企業まで約750社・延べ54,000人が体系的に系統的に身に付けたビジネス・スキル。新たな需要・仕事を創造できる実験再現性にもとづいたスキル。創造力は生産設備。決められた業務をミスなく迅速にこなせる優秀な人材はメンバーシップ型雇用で重宝された。しかし、雇用がジョブ型へ変わる、もしくは仕事にオンラインが少しでも入ることで、直接対面で接触できない相手のことを今以上に想像し、そもそもの需要を開発、開拓、創造でき仕事を創出せる人材が求められている。

創造力は特別な能力ではない。自分の仕事の基礎知識、基礎技術に習熟している人の方が創造力を高めやすい。創造力をつくるには、過去の行動様式や考え方を身に付けている必要がある。その身に付けているものが何かを客観視し「なぜ?」「そもそも?」を発するためには自分の守備範囲”以外”のインプットが必要になる。自分が身に付けているものとは別のインプットが無い状態で客体化できる人はいない。

子供が創造的だと言う考えがある。自由に発想することが創造的だという考えもある。しかし、子供の創造性は仕事では使うことができない。自由に発想したところで、仕事ではその創造性は使えない。仕事はある特定の人が抱える問題を解決すること。お互いに制約条件がある。制約条件を否定しても、何も物事は進まない。仕事で必要な創造力を高めるためには、仕事の基本、基礎知識、基礎技術、さまざまな制約条件などの一般的に言われる常識が必要になる。常識がお互いの意思疎通を円滑にする。その常識が何かを客体化でき、他のインプットを入れることで常識の問題点、今までのやり方の問題点がみえてくる。子供の創造性は問題解決にはつながらない。

私達、ビジネスに携わる人達は、一流のアーティストの創造力は必要としない。お金を支払うターゲットを定め、過去の文脈を理解・把握し、(ここまでは、私達とおなじ)、そのターゲットが期待することを裏切り、正攻法ではない今までにない新たなやり方で越えていくために、感情の純度を上げそれを結晶化させる必要はない。そこまで、する必要はない。 芸術家の感性やセンスは必要ない。 

私たちが身に付けるのは、対価が発生する仕事の問題を発見する創造性、その問題を解決する創造力。子供に創造性があるのは否定はしないが、それは私たちが身に付ける造力ではない。また、自己表現のための創造力は私達には必要ない。相手のための創造力、そのための想像力を系統的に高めていく。そのためにスマートクリエイティブマネジメント®がある。

「先が見えない」と口にせず、まず「先が観えるように想像できる」実験再現性にもとづいた創造力・クリエイティブスキルを習得、「新たな需要は開発し開拓できるもの。際限はない」と考えられるマインドセットになり、具体的な需要創造に直結する行動をはじめ、続けていけるようになる。

お問合せはこちらのフォームからお願い致します

プロダクトの詳細一覧はこちら

以下を必要とされる場合は他社をご紹介致します
a. 成功した他社を追従する新規事業参入
b. フレームを埋める目的の新規事業開発

需要創造の科学技術 スマートクリエイティブマネジメント®
創造力のセルフマネジメント® は弊社の登録商標

最近の投稿