なぜ創造型リーダーの科学的な育成が必要?

組織のリーダーを育成する場合に、
習得する代表的なスキル。

ロジック:
目指す絵の実現性を検証する手段

ファクト:
思考する拠りどころとなる事実

フレームワーク:
モノゴトを俯瞰する視点や観点

ケース:
パターン認識をする習慣形成

オブザーブ:※デザイン思考
臨機応変に動く情報を増やす手段

各社でリーダー育成がされている。しかし、
多くの企業でリーダーが育っていない。
今の事実・常識から離れることができずにいる。

その原因は以下が不足しているため。

未来で勝つための目指す絵イメージは
どのように想像し描くのか?

想像するためのインプットを広げる
興味関心はどのように促すのか?

想像を具現化するための新たな習慣は
どのように身に付けるのか?

過去に起きたことがないパターンに
どのように対応するのか?

感情を持つ人間をどのように動機づけ
自発的に動いてもらうのか?

この不足を思いや志、情熱で補おうとする。その結果、時間とお金をかけたリーダー育成が機能しない。MBAプログラムを受講、シナリオプランニングをし、アクションラーニングのようなプロジェクトをつくっても、経過報告・うまくいった過去のトピックスの報告ばかりになる。大切なことは今から具体的に何をするのか。未来を想像できないため、創造が起こらない。

この不足を補うため
脳神経科学と行動科学の知見に基づいた
“創造型リーダーの科学的な育成”がある。