機械化・自動化が進めば進むほど、人間には想像力が必要になる

機械化・自動化が進む。機械をリモート監視する技術も上がり、不具合が発生する前に、不具合が起こる確率が高いモジュールを取り換える。機械を取り扱うベテランの勘(経験値)に頼る必要性が減っていく。繰り返しできる、パターン化できる仕事は、機械化・自動化されていく。オペレーターも機械に置き換わっていく。

人間関係の構築と維持にも機械化・自動化が進み、効率化され生産性が上がっていく。この効率化は戻ることはない。人間の役割が変わっていく。人間は何をしていくのか。人間が生きている限り、問題は発生する。機械化・自動化で便利になるが、問題は必ず発生する。その問題の当事者は問題が何かに気づかないことが圧倒的に多い。相手が言葉にしていることは、解くべき問題では無いケースが圧倒的に多い。そのため、相手の視点を想像する必要が出てくる。この想像が価値になる。想像したものを相手に伝えることで、相手が解くべき問題に気がついて行く。解き方が商品になる。

繰り返し可能、パターン化可能なことは、機械化され効率化され生産性が上がる。しかし、新たな発生する問題の特定とその解決は、機械化は難しい。想像力が必要になる。そして、創造力も必要になる。想像力、創造力のつくり方を体系的に学習している人は極一部。この状況を変えていく手段が、組織を対象にしたスマートクリエイティブマネジメント®と、個人を対象にした創造力のセルフマネジメント®。

自律性と創造性を持ち仕事ができる人材開発のやり方を公開しています。必要な方は以下にパスワード【 smartcreativemanagement 】をご入力ください。

最新版が必要な方は以下からご請求ください。