外発的動機づけ から 内発的動機づけへ 移行する

人から褒めてもらえる、認めてもらえる、称賛してもらえる。その結果、続けようとする。これが外発的動機づけ。

達成感や自己コントロール感が得られる。その結果、続けようとする。これが内発的動機づけ。

成長していく過程で、外発的動機づけだけではなく、内発的動機づけが発生するようになり、困難なことでも達成できるようになる。そのために行動と思考の習慣がついていく。

外発的から内発的への切り替えポイントは、他人の利益をはかることができ、その他人から認めてもらえる。ここになる。他人の利益をはかることで、多くの場合、自分の利益も図られていく。

また、内発的動機づけは、達成感から自己コントロール感へと成長しながら動機づけが変わっていく。困難なことでも達成できるまでには、当然時間がかかる。時間がかかる間に、何も報酬がない場合、人間は継続が難しくなる。そこを越えていくために、自己コントロール感がある。自分で決めて動く。その直後の感覚。

承認から達成感、達成感から自己コントロール感。このステップが成長を創っていく際には必要になる。はじめから自己コントロール感を得ようとした場合、多くの行為は自己満足の領域にとどまる。人間、自己満足の領域だけで、長く継続することは難しい。

承認を得るには、他人が必要としていることに応える必要がある。自分で自分を承認することも、時には必要だが、継続性は乏しい。自分にご褒美を上げていても限界はくる。

人に関わり、小さな承認を得られる行動と思考の習慣をつくる。

結果を出す汎用性のあるコツが観えてくる。

そして、小さな達成感を得ることができるようになる。

困難なことを、自己コントロール感を得ながら成し遂げていく。

その結果、大きな達成感と称賛が得られる。

ますます、達成までに時間がかかる課題解決をはじめるようになる。