創造力のセルフマネジメント

いま、ビジネスパーソンに創造力のセルフマネジメントが求められている。

直接、対面で顧客に関わり関係を構築するやり方から、はじめからオンラインで顧客に対面し関係をつくるやり方に変わりつつある。オンラインが主、オフラインが従になる。

このような状況において、今まで以上に、顧客のことを想像し、顧客が必要としている価値、つまり、需要を開発、開拓、創造するスキルが重視される。

決められた範囲の業務を少ない時間で、高い品質でこなす。これは、オンラインが主の事業環境で高い評価を得た人材に求めれたスキル。このような業務は反復性がある。反復性のある業務はパターン化が可能。パターン化ができることは、機械化・自動化される。機械化・自動化への投資ができない企業は、いずれ淘汰されていく。

今まで、各組織でハイパフォーマーと言われていた人材であっても、体系的に創造力を高めていくやり方を身に付けられていない。創造力は一部の人のセンス、感性としてブラックボックス化されていることが圧倒的に多い。しかし、創造力は後天的なもの。訓練によって身に付けることができるスキルです。

優秀と言われる人達の多くは、自分がいる業界の常識を心得ている。常識は人間が決められた範囲の仕事をしていく上で、効率をあげるツール。この常識は事業環境が変わることで、非効率を生むようになる。

では、どうすれば創造力を高めることができるのか。