需要創造に必要なことは言葉では簡単に表現できる。しかし、それをやり続けることができない。では、何から始めれば続けられるのか?

高い目標を掲げる。
目標達成の熱意と思いを持つ。
自分事としてとらえる。
相手に興味関心を持つ。
思考を深める。
学習を続ける。
未知の問題を解決する。

これらが継続できれば、需要は創造できる。しかし、これらを続けられる人は、ほぼいない。そもそも、やり方がわからない。やり方がわかっても、いずれも負担感が高い。人間の9割以上は、めんどうなことはしない。

問題解決は簡単でない。めんどうなこと。めんどうなことを相手の代わりに解決する。代わりに解決しなくても、相手が解決しやすい状態にする。だからこそ、対価を得ることができる。

がんばろうとしても、目先の慣れた問題解決をしはじめる。それでは、先は無くなる。このような事実の上で、どうすれば新たな需要を創造できる行動と思考を続けることができるのか。

まず、自分が動機付く問題をみつける。その問題を解決することで、他人の利益が図れる問題をみつける。

需要創造の技術は、事業開発を担う人だけではなく、すべての職務で必要になる。相手の既知の問題を解決することは、誰でもできる。パターン化できる。パターン化できることは機械化できる。相手の未知の問題解決はパターン化が難しい。だからこそ、価値がある。

参考:【世界初】創造型リーダーの科学的な育成「スマートクリエイティブマネジメント®」

参考:【日本初】リモート環境で部下が自発的になる「クリエイティブスーパーバイジング® 」

参考:【日本初】挑戦がつづく「非金銭的報酬の先取思考

参考:【日本初】生き残り勝つための「創造プロセスの定着™」発売

参考:【日本初】需要創造型リーダーの開発のための「オペレーション型リーダーの育成™」